出産当日

38w1d 双子出産当日 〜 帝王切開の様子、手術室にて・・

更新日:

 

出産当日記録メモ

前回の続き・・。

私は一卵性の双子を妊娠して出産当日。

 

イメージとしては

まさにこんな感じの手術室。

ほんとに大きなライトがついててね

おおおお~テレビで観たことあるぅ~!!!って感じだったよ。

 

※私が撮影したわけではありません。

 

帝王切開術の流れ

●患者受付

手術室入ってからもリストバンドで受付をしました。

 

●手術ベッドへ移動

病棟ベッドで着ていた服を脱いで

いち、にいのさん!で5,6人のスタッフに担がれて手術台に移動。

 

●モニター類装着

腕には血圧計、指先、胸部にはモニターシールを装着。

 

●点滴の確保

点滴はやったことある人はわかると思うけど、針が血管の中に入ったら点滴中は痛くないよね?

手の甲にやったんだけどこの点滴は針が血管に入ってからもずっと凄い痛かった。

凄く痛いから聞いてみると、手術用の点滴の針らしく普通の針より太いらしい。術後もしばらく痛かった・・

 

               ヒェ~ッ●フットポンプの装着

コンプリネットプロという弾性ストッキングを自分で購入して手術中着用しました。

このコンプリネットプロは手術に使われてる医療用の弾性ストッキングなんだって。
圧力は市販の着圧ソックスより強い感じだったよ。静脈血栓症や静脈瘤の予防に有効なんだってさ。

そして、両足にフットポンプ血栓予防の器機を装着。

 

●麻酔

私の麻酔方法は

脊髄くも膜下麻酔

麻酔の種類も全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄麻酔があるみたいなんだけど、

一般的に帝王切開の麻酔の際に、誤嚥性肺炎や、人工呼吸が適切に行えない状態などの危険が高いらしく・・

可能な限り全身麻酔を避けての局所麻酔で行うことが推奨されてるみたい。

イメージとしてはこんな感じ。

    ぐるじい・・

 

〇まず横になって体育座りのように足を曲げておへそをみるように身体を丸めました。

あまりにもお腹が大きいから苦しかった・・。

 

〇背中を消毒。

冷たくてスースーしたよ。

 

〇背中に麻酔の注射

かなり恐怖だった麻酔・・

先生にちょっと痛いけど我慢してねって言われてから数秒後・・

いきなり麻酔をブスっと打たれ

痛いし恐怖だし心臓バクバクで。

 

       いででで・・

今か今かと後ろから打たれるから見えないし余計怖かった・・

先生に

もう麻酔終わり??って聞いてしまった・・

                   

                             ぐすん・・

もう終わり!痛くないよ!と先生に言われてちょっとだけ落ち着いたよ。

麻酔の麻酔をやると以前聞いたような気がしたけど、チクっとした1度の痛みだけで2本目の注射の痛みは麻酔が効いてるので全く分からなかった。

そもそも2本背中に打ったことも私からは見えないので本当に打ったのかも不明だ。

          

            本当に2本打ったの?

それから仰向けになると麻酔が効いてきたのかだんだんと足の感覚がなくなってきた。

 

●顔の前にカーテンがかかりました。

内診と膣内の消毒やおしっこの管を入れられたりしたみたいだけど、全く感覚がないのでわからなかった。

 

●手術中は血圧が下がらないようにベッドを左側に傾けられました。

なんとなくベットから落ちそうな感覚になったよ。

 

●転落防止のためと手術中に不意にお腹の方へ手がでないように手と足を固定。

手足を固定されるってほんと嫌だった・・

 

●麻酔が効いているのか確認

アルコール綿で胸あたりを擦られて、このように冷たく感じたら言ってくださいと言われ、下の方を触られても何も感じなかったよ。

 

 

そしていよいよ手術が始まりました!

 

     頑張れ~~~!

        

つづく・・

\ シェアしてください /

-出産当日
-, ,

Copyright© 双子ママのぼやきブログ , 2020 All Rights Reserved.