その他

日本の少子化対策について

更新日:

 

この私が少子化対策について語っちゃう?w

 

語るほどの知識や教養なんて私にはこれっぽっちもないわけですが……。

 

せっかくの機会なので色々調べてみようと思います。

 

まず、1970年から2020年までの出生数推移を見てみるとこんな感じ

 

確かに右肩下がり、2040年には74万人ぐらいまで減るらしいです。

私が生まれた頃より半分近くも減っているなんて...

 

少子化の主な原因は、

・未婚化・晩婚化

・出生率の低下 ※ 2020年は1.34

 

私にも当てはまる.... 私も最初は子供は1人でいいと思っていた

これらの主な原因は、

結婚相手が見つからない、一生独身でいい、子育てお金がかかる、育児が大変、仕事に影響が出る・・・・

など色々あるみたいだね。

 

これらの原因に対する国の対策の1つに「幼児教育・保育の無償化

私もこの恩恵を受けられるのね〜

 

でもさ。

色々と対策を講じているにもかかわらず、出生数は低下し続けてるんだよね。

 

ちなみにスウェーデンでは、経済的支援のの充実や仕事と育児の両立策などで出生率1.5から2.0ぐらいまで回復したらしいんだけど、

 

仕事と育児の両立策」ってさ、いまの日本の働き方や働く人のマインドをみるとなかなか難しいと思うんだよ

 

この人何を偉そうにいってるのって感じ?

 

働き方改革なんて言葉もニュースでよく耳にするけど

 

色々な問題が絡み合って、そう簡単にはできなってことだね。

 

 

ふと思ったんだけど、

上に書いた「結婚相手が見つからない」に対して国として何か対策やってるのかねぇ?

 

私の周りにも相手が見つからなくて独身の人が結構いて、

・出会い系アプリは危険だし

・結婚相談所は抵抗あるし(お金もかかる)

・いまから合コンとかも大変だし

みたいな諦めムードの人が多いんだよな。

 

ここに対して国が何かやってくれないかなぁ。

 

国の制度としてそういう機会を設けてくれれば、未婚率が改善されて少子化対策にも繋がる!?

 

市役所の一角に窓口があって、マッチング相手とはオンラインでお見合い.....。

\ シェアしてください /

-その他
-

Copyright© 双子ブログ - 妊娠・出産・育児 - 一卵性の女の子 , 2021 All Rights Reserved.