統計

双子出生時の週数と体重をグラフにしてみました

更新日:

 

2016年の出生時週数をグラフにしてみたよ。

青いバーが単産(1人)で赤いバーが複産(双子)です。

0〜80まで表示されている数字はパーセントです。

例えば、双子は全体の約70%が36〜39週の間に産まれていることになります。

やっぱり双子は単産に比べると早く産まれる傾向にあるのね。

36週未満の早産で産まれた割合は、単産が2〜3%なのに対して、

双子は約27%もある、この違いは大きいね。

逆に40週以上で産まれる双子は0.3%ほど。

37週〜38週での分娩がもっとも死亡率が低いという報告があるから、
計画分娩をする病院が多いみたい。

 

続いて出生時体重のグラフ。

先ほどと同じく、0〜60まで表示されている数字はパーセントです。

例えば、双子は全体の約46%が2.0〜2.5kgで産まれていることになります。

双子は、2500g未満の「低出生体重児」が約70%もいるのね。

平均体重でいうと、単産(1人)は3.02kg、複産(双子)は2.23kgです。

2.23kgといっても2人入っているわけだから、

あとは羊水がそれぞれあって・・・どれだけ大きくなるのかしら😱

 

\ シェアしてください /

-統計
-,

Copyright© 双子ママのぼやきブログ , 2020 All Rights Reserved.