その他

双子は先に産まれた方が兄姉?後に産まれた方が兄姉?どっち?

更新日:

 

双子は「後に産まれた方が兄姉」と聞いたことない?

いつだったか…なんとなく聞いたことあるんだよね。

なんであえて "後" に生まれた方を兄、姉なんだろう・・・と。

ちょっと気になったので調べてみました。

 

たしかに明治以前は「後に産まれた方が兄姉」という慣習があったようだけど、

明治初期以降に法令で「先に産まれた方が兄姉」と定められたようです。

つまり、いま現在は先に産まれた方が兄姉ということになるのね😳

 

その法令とは、

明治7年(1874年)、太政官(明治前期の最高機関)によって布告された法令に以下が記されています。

凡婦女分娩ノ際稀ニ雙子又ハ三子等ヲ産スル者アリ兄弟姉妹ノ順次定メ方從来民間ニ於テ産婆ノ妄説ニ泥ミ前産ヲ弟妹トシ後産ヲ兄姉ト唱フル趣甚顚倒無稽ニ屬シ不都合ニ付今後前産ヲ兄姉トシ後産ヲ弟妹ト定メ可然哉

 

明治ってつい最近の事のような気がするのに、この難しそうな文章は・・・😂

翻訳(?)すると、

女性は分娩の際、稀に双子または三つ子等を出産する場合がある。

兄弟、姉妹の決め方について、従来は「産婆ノ妄説」(弟が兄を守るために先に出てくる)という考えに従い

先に産まれた方を弟妹とし、後に産まれた方を兄姉とする」としていたが、

今後は「先に産まれた方を兄姉とし、後に産まれた弟妹とする」する。

 

ふ~ん

「産婆ノ妄説」なんて初めて聞いた。

この法令が出された後も、しばらくは「後に産まれた方が兄姉」という慣習が続いたようだね。

その例が、一卵性双生児で共に100歳以上生きられた きんさんぎんさん

Wikipediaによると、

戸籍上はぎんが妹ではあるが、先に出生したのはぎんの方である。当時でも法(太政官令)に従えば、ぎんが姉になっていた。しかし当時は双子のうち後から出生した方を兄・姉とする慣習が強かったため、ぎんが妹にされたという(当時は、双子については母親の胎内の奥にいた子の方が先に発生したものと考えられていたため)。
二人の幼少時には、双子は縁起が悪いとする慣習が強く残っており、学校でもいじめの対象となった。そのため、1日交代で学校に通って授業内容を教え合ったりしていたという。

Wikipedia:きんさんぎんさん 『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』
最終更新 2017年7月8日 (土) 02:57、URL: http://ja.wikipedia.org

 

きんさんぎんさんの産まれは明治25年なので、法令から20年近く経っても、この慣習が続いていたんだね。

さらに気になるのが「双子は縁起が悪い」って書かれてるよ・・・😭

いまの時代は全くそんなことはないけど、100年ちょと前はそんな見方をされていたとは驚きだな😱

 

 

\ シェアしてください /

-その他
-, , ,

Copyright© 双子ママのぼやきブログ , 2020 All Rights Reserved.